七田式

七田式プリントCを購入して9ヶ月後のレビュー!

shichida-print

こんにちは、トシパパです!トシは2019年の11月から七田式プリントCを勉強しています。

この記事では七田式プリントCの勉強する内容や、やってよかったことなどを紹介したいと思います。

これから購入するかどうか迷っている人の参考になればうれしいです!

 

七田式プリントとは?

幼児教育で有名な七田式で大人気の教材です。レベルが低いほうからA、B、Cとあり、トシが勉強しているのは対象年齢が4歳半~6歳のCです。

勉強する内容は「かず」、「もじ」、「ちえ」で、それぞれ10冊ずつなので、プリントCを購入すると全30冊が一気に届きます。

トシは2019年の11月からプリントCの勉強をはじめて、現在は7冊目に入りました。

1日終わるごとにシールを1枚貼っていくのでモチベーションを高く保てます!

shichida-sticker

 

なぜ七田式プリントを選んだの?

七田式プリントを選んだ理由

  • 七田式がいい教育プログラムというのがわかっていたから
  • 公文式と並行してできそうな問題量だったから
  • 安かったから

 

実は僕が駐在していた国にも七田式がありました。費用が少し高かったので通ったのは短い期間だったのですが、内容はかなり満足度が高かったです。通ったことがあったので、七田式の教育プログラムがいいというのは実感としてありました。

また、七田式プリントは「かず」、「もじ」、「ちえ」をそれぞれ1ページずつやればOKということで、1日の問題量が少なくていいというのも選んだ理由の一つです。

最後になんといっても安い!というのが決め手になりました!

 

七田式プリントをいつ勉強しているの?

七田式プリントは1日3枚のプリントをやればいいので10分から20分ぐらいで終わります。内容的にもやさしい問題で少し疲れていてもできるため、うちでは1日の終わりにやるようにしています。

具体的には昼に公文教室や英語の塾に行き、帰ってきてリラックスしたあとに夕食を取り、シャワーを浴びて頭をすっきりさせたあとに七田式のプリントをやるようにしています。

疲れていてどうしてもできない日もあるので、そういう日は無理にやらせません。1冊あたり24ページのプリントなので大体1ヶ月で1冊を終わらせるペースで進めることになります。

 

七田式プリントCはどのような内容なの?

「かず」は今このような問題をやっています。内容は単純に数を数える問題といろいろな形の数を数える問題です。日によって足し算の問題があったり、引き算の問題があったりします。何回か同じパターンの問題が続いたあと、違ったパターンの問題が出ます。

「かず」だけでなく「ちえ」の問題にも言えることですが、きちんと問題を読まないと誤った答えを書いたり、そもそも何を解答するのか読み取れないということがあります。問題文をきちんと読む習慣がつくのでとても良い内容だと思います。

shichida-number

 

「ちえ」はこういう問題です。

お手本で形に文字が割り当てられていて、複数の形からなんという文字が書いてあるかを答える問題です。このパターンの問題がはじめて出たときトシは何を解答すればいいのか分かっていませんでした。一度教えたあとはできるようになりました。

僕の勝手な理解なのですが、中学受験は一部の頭のいい子供を除き、ある程度のパターン問題をインプットして初見(しょけん)じゃないという状態をつくるための経験を増やしていき、そのうえで初見の問題を考えて解く勝負だと思っています(初見じゃない問題は確実に解く)。

そういう意味でも「ちえ」のような少し考える問題はどんどんやっていきたいです。

shichida-chie

 

「もじ」はこういう問題です。

「もじ」は他の2科目に比べると簡単な気がします。考えることがあまりなく、読む量も少ないので他の教材で補完したほうがいいでしょう。

ちなみにうちでは「かず」→「ちえ」→「もじ」の順でやっています。「もじ」が一番簡単で頭が疲れていてもできるからです。

shichida-moji

 

七田式プリントのメリットは?

メリット

  • 考える習慣がつく!
  • 達成感を味わえる!
  • 価格が安い!

七田式プリントは問題が羅列されているのではなく、少し考えないと解けないような問題になっているので考える習慣がつきます。また、問題が比較的やさしく作られているため最後まで継続しやすく子供が達成感を味わうことができます。そのうえ、低価格で10か月間も勉強することができるのがメリットになります。

 

七田式プリントのデメリットは?

デメリット

  • 問題が少ない
  • 3科目いっしょに購入する必要がある

七田式プリントのデメリットは、一部の頭のいい子供にとっては問題が少ないと感じるということが挙げられます。その場合、他の教材で補完するほうがいいでしょう。1日の枚数を増やすということもできますが、子供の興味を持続させるという観点から枚数を増やすということはやらないほうがいいとされています。

七田式プリントは3科目がセットになっているので、「かず」だけをやらせたい、あるいは「かず」と「ちえ」をやらせたいということはできません。ただ、どの科目も簡単な問題なので3科目セットでまとめて終わらせてしまえばいいんです。時間の無駄にはなりません。

 

七田式プリントはどういう人におススメなの?

こんな方におすすめ

  • 全く勉強をしたことがない子供!(プリントAからはじめてみて!)
  • 運動系の習い事をやっていてたくさんの量は勉強できないけど少しずつ勉強する習慣をつけたい子供!
  • 公文式だけをやっていて考える問題を解いてみたい子供!

 

七田式プリントは子供のレベルに応じてはじめやすい教材です。まだ小さくて何も勉強をしたことがない子供はプリントAからはじめると良いでしょう!

またスイミングやサッカーなどの運動系の習い事をやっている子供は疲れて帰ってきて、何も勉強せずに寝てしまいがちです。そのような子供にも10分から20分程度で終わる七田式プリントはおススメです。

公文式は計算や言葉の基礎力がつくいい教材ですが、ときどき同じことを繰り返しているけど大丈夫かなと不安に感じることがあります。そのような子供に少し考えさせる問題をやらせてみたいなという方にもおススメです!

 

七田式プリントはどこで購入できるの?

七田式の公式サイト、アマゾン、楽天で購入可能です。

2020年7月21日現在の税込価格は以下のとおりです。

七田式公式サイト アマゾン 楽天
プリント(会員価格) 14,300円 14,300円
プリント+「夢育て友の会」入会 17,050円 17,050円 17,050円

なお、七田式プリントは「夢そだて友の会」会員限定商品となっています。

入会すると毎月子育てに関する情報誌が届きます。入会したからといって商品の営業があるといったことはありません!

 

ちなみに僕は楽天ポイントを貯めているので楽天で購入しました!

まとめ

うちのトシは眠たいときに「公文と七田どっちやる?」と聞いたら必ず七田をやると言います。

他の習い事で眠たいときでも着実に一歩ずつ前に進んで学力を伸ばすことができる七田式プリントはおススメです!

 

ありがとうございました!

-七田式
-, ,

© 2020 中学受験の情報博物館