英語

子供に英語教育は必要か?帰国子女を持つ親が考えてみた!

English

僕はこう考えます

現在6歳のトシは本当に小さい頃から英語に触れさせてきましたが、今の僕の考えは、

「必ずしも子供のころから英語を勉強する必要はない」です。

 

あくまで現時点の考えです。また、各家庭がおかれている状況や本人の資質、性格によっても答えは変わってきますのであくまで個人の意見です。

 

なぜこういう考えを持つに至ったのかということを書いてみます。

 

あ!ちなみに僕自身は海外に駐在をしていましたが、英語がそれほど必要ない環境にいましたのであまり英語が得意ではありません!悪しからず!

 

 

我が家の英語環境は?

英語に関して今までやってきたことは?

まず、トシは1歳半ごろから週3で日本にある英語のプリスクールに通いました。そのあと、僕が英語圏ではない海外に駐在となり、現地のインターナショナルスクールに通いました。

インターナショナルスクールと言ってもアメリカ系やイギリス系は費用が高くて手が出せなかったので、非英語圏の先生が教えるインターナショナルスクールです。

ここはひとつのターニングポイントでした。無理してアメリカ系やイギリス系のインターナショナルスクールに通うか、あるいは現地にある日本人学校に通うという選択をしていたら今とは違った状況になっていただろうと思います。

 

英語に関して今は何をやっている?

今やっていること

  • 英語の塾に通う
  • 英検Jr(ジュニア)の勉強
  • You Tubeの幼児向け番組をみる
  • 英語の文章を一日一文書いて音読をする。

今は英語の塾に通っています。初心者を対象とする大手の英会話スクールではなく、経験者が通うような塾です。

ただ、やはり英語圏に住んでいたような子が通う塾なので残念ながらトシはついていけてないようです。通い始めたばかりですが、費用対効果を考えてスクールを変えようか検討中です。

 

家では英検ジュニアのゴールドを勉強中です(ブロンズとシルバーは合格済み)。英検ジュニアとは公益財団法人 日本英語検定協会(いわゆる英検)が行う児童向けのリスニングテストです。

受験は①ペーパー版、②オンライン版、③学校版が選べ、うちではオンライン版で受験しています。オンライン版では練習問題とテストがセットになっているものがおすすめです。

 

それ以外は朝幼稚園に行く前にYou Tubeで幼児向けの英語番組を30分ほど見せています。塾で英語の本を読んであげてくださいと言われているのですが、そこまでは手が回っていない状況です。

 

インターナショナルスクールでライティングをあまりやっていなかったようなので(それ本当にインターか!?)、1日1文を書くようにしています。そして過去に書いたものも含めて数回ずつ音読するようにしています。What is that? とか I don't like tomato and onion. とかです。

 

 

英語で今何ができる?

実はうちのトシは恥ずかしがりやで親の前で英語を話そうとしないので、実際どれだけ話せるのか分かりません。まったく話せないということはないと思いますが。。

ライティングとリーディングもおそらく大したことないでしょう。

英語の4技能のうちリスニングだけは素晴らしいですね。英検ジュニアのゴールドの練習問題でもほとんど聞き取れています。

 

僕自身、英語の勉強を本格的にやったのは海外に駐在する直前ですが、リスニング力だけは時間をかけてもあまり変わらなかったですね。どうしても欧米人の話す内容が聞き取れませんでした!

なので現時点でリスニングに問題がないことは大変いいことなのです。

 

英語を勉強して良かったことと悪かったことは?

英語を勉強していて良かったことは?

良かったこと

外国に行っても、外国人を見てもあまりビビらない!

テレビでいろいろな国の人を見て興味を示す!

しばらく英語で苦労することはなさそう!

英語に対する苦手意識を持たずに今後生活できるということはとてもいいことですね。僕なんて大学まであんなに英語に時間をかけたのに全然しゃべれず、社会人になっても必死に勉強してますからね(それでもしゃべれないんですからね!)。

 

英語を勉強していて悪かったことは?

悪かったこと

日本語を話すときにときどき何を言っているのか分からないことがある。

言葉使いが悪いことがある。

あいさつなど当たり前のことができない。

インターナショナルスクールではあまり重要視していなかったのか、日本人として大切なあいさつ、礼儀、言葉遣いなどを身につけられなかったというのが一番悔やまれるところです。日本の普通の幼稚園に通っていたとしても身につかなかったのかどうかはわかりません。

まだ6歳ですから今から教えていけば大丈夫でしょう。もちろん今までも何もやっていなかったわけではありません。本人の成長、周りの環境、親の注意によって今からでも十分身につくと思っています。

 

もし駐在が長くなって、あと数年同じ環境にいたらもう立ち直れなかったかもしれません。

 

子供にとって今後の英語の重要性はどうなる?

最近の翻訳機の性能はとてもすごいですし、Google翻訳も以前より正確に翻訳してくれます。僕も仕事で長い文書の概要だけ知りたいときなどに利用しており、かなり重宝しています。

翻訳の性能が上がってきているので今後外国語を覚える必要はないという主張も間違ってはいないと思いますが、面と向かって、あるいはオンライン上においても全く会話をせずに翻訳機だけで会話を済ませるという未来があまり想像できません。

そんなことを考えているのって日本人ぐらいじゃないのかなとさえ思います。どこの国でもビジネスで成功している、国の中枢で働いている、あるいはお金を稼いでいる人たちは皆英語ぐらい話せます。それはアジアでもアフリカであってもです。

 

むしろ、こどもにとって英語の重要性は今後ますます高まるばかりです。

「英語活用実態調査2019」においても「今後のビジネスパーソンにとって重要な知識やスキル」は英語がトップですし、社内での「英語の使用状況と3年後の見通し」において、今後は英語の必要な場面が増えるとの認識が高まっています。

English-important

English-important2

上の2つの画像は「英語活用実態調査2019」より引用

 

数年前に学習指導要領の改訂が行われ、今年度から英語を小学校3年生と4年生の「外国語活動」として、5年生と6年生においては「教科」とすることになりました。

英語が「教科」となることから、今後中学入試においても英語が他の算数や国語と並ぶ入試科目の一つになることは避けられないでしょう。

 

やはり子供にとって英語は重要なのです。

 

 

まとめ

子供にとって英語教育は必要か?という疑問に対し、自らの経験や社会の要請をふまえて書いてみましたが、まとめます。

 

この6年で身につけた英語力は本物の帰国子女からみるとおそらく大したものではないでしょう。ただ、リスニング力やいろいろな国に興味を持つこと、外国人に対してビビらないという良い面もありました。

一方で、あいさつができなかったり、言葉遣いがきちんとしていなかったりと悪い面もありました。

 

うちの場合は良い面よりも悪い面のほうが少し目立ってきているという事情があるため、子供のころから英語の勉強をさせるべきではないとまでは言いませんが、必ずしも勉強させる必要はない(なかった)と今は考えています(もちろん英語を勉強させなかったらあいさつもできて、礼儀も身についていたという単純な話ではないことは分かっています)。

 

数年後にトシが成長し、きちんとあいさつすることができるようになり、礼儀も身につけ、英語も頑張っている姿をみたときは考えが変わっているかもしれません!

 

 

ありがとうございました!

-英語
-,

© 2020 中学受験の情報博物館