英語

英検ジュニアで子供の英語力をテストしました!まずはブロンズに挑戦!

子供英語の勉強

英検ジュニアって何?

実施団体は?

英検ジュニアは公益財団法人 日本英語検定協会(いわゆる英検)が行う子供向けの英語のテストです。ジュニアと付いているので当然ですが通常の英検よりもレベルが低く抑えられているリスニング主体のテストになります。受験しているのは小学2年生が多いようです。

英検ジュニアは1994年につくられたテストで以前は児童英検という名称でした。2009年からオンライン版が利用できるようになりました。

 

英検ジュニアのレベルは?

テストは簡単なほうから順にブロンズ、シルバー、ゴールドの3段階のグレードに分かれています。ブロンズは英語の塾で半年~1年程度、シルバーは1年~2年程度、ゴールドは2年~3年程度の学習経験が目安となっています。

英検の一番簡単な5級は中学初級程度なので、ゴールドに合格できるレベルであれば英検5級も合格できると思われます。もちろん英検の場合はリスニング力のほかに文法力、読解力、英作文などが必要になってきますので、別途対策は必要になります。

 

英検ジュニアはどうやって受験するの?

英検ジュニアのテストは3つの受験パターンがあります。

  • ペーパー版:学校や塾、友達とみんなで会場を設定して挑戦する筆記試験
  • オンライン版:個人やグループでパソコンやタブレットなどのオンラインで行う試験
  • 学校版:学校・自治体単位で行う試験

断然オンライン版がおススメです!

 

英検ジュニアオンライン版の特徴は?

ポイント

  • オンラインで英語の学習(ラーニング)とテストの受講ができる!
  • ラーニングにはリスニングのドリル、ゲーム、模擬テスト240問(10問×24回)がある!
  • テストの出題形式はペーパー版と同じ!
  • ラーニングとテスト決済完了後いつでも実施可能!
  • ペーパー版同様、CertificateとReport Cardがもらえる!

ラーニングで学習できる模擬テストは本番のテストの練習になるのですごく良かったです。ブロンズのドリルとゲームは少し簡単すぎてあまりやらずに終了してしまいました。

ちなみにオンライン版には1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の有効期間があってその期間内に限りラーニングとテストの実施が可能です。供にサンプル問題を解かせてみて簡単と感じるのであれば、有効期間は1か月で十分です。

 

iPadでサンプル問題が見られない人の解決方法!

僕はiPadを使っているのですが、普段から使っているブラウザの「サファリ」から英検ジュニアのサイトにあるサンプル問題にアクセスしたら、このような「ご覧の環境では閲覧できません」というメッセージが表示されました。

 

Flash Playerって良くわからないなと思いながらも、ダウンロードしようとアクセスしたら2020年12月31日に提供終了って書いてありました。こんなのダウンロードしたくないと思ったので、グーグルクロームをダウンロードしてそこからサンプル問題にアクセスしたら無事に表示されました。

iPadで英検ジュニアを受講するにはグーグルクロームのアプリをダウンロードして、そこからサイトにアクセスすると解決します!

僕は普段、ブラウザはサファリを使っていますが、英検ジュニアのときだけグーグルクロームを使っています。

 

おなじみのサファリは↓

Safari

 

グーグルクロームはApp Storeからダウンロードできます。

Chrome

 

英検ジュニアの料金は?

2020年7月現在の料金(税込)

フルパック(ラーニング+テスト) テストのみ
有効期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 3ヶ月
ブロンズ 3,900円 5,400円 7,300円 2,300円
シルバー 4,100円 5,600円 7,500円 2,500円
ゴールド 4,300円 5,800円 7,700円 2,700円

英検ジュニアオンライン版の特設サイトより

 

おススメはフルパックのブロンズ1ヶ月、シルバー1ヶ月、ゴールド3ヶ月です!

ブロンズとシルバーはラーニングで学びながらさっと終わらせて、ゴールドは少し時間をかけてじっくりやりましょう!

 

英検ジュニアってどういう問題が出るの?

英検ジュニアのサイトにサンプル問題があるので試してみてください。一日無料体験も実施中です!

ブロンズは全45問で時間は30分のテストになります。

 

 

結果はどうやって分かるの?

オンライン版の場合、模擬テストを10問×24回分終了すれば本番のテストが受験できるようになります(ラーニング+テストのフルセットを申し込んだ場合)。

ちなみに本番のテストは1回だけ受験可能ですので以下の点に注意してください。

注意ポイント

  • 通信環境に問題がない場所で受験する
  • 静かで集中できる場所で受験する
  • 子供には問題数が多いので集中力のある午前に受験する

 

オンライン版の結果(CertificateとReport Card)は2週間ほどで自宅に郵送されてきました。Certificateにはきちんとトシの名前も入っていて、すごく喜んでいましたよ。

bronze-certificate

bronze-report

 

英検ジュニアの対策は?

英検ジュニアのテストのために別途参考書やテキストを購入する必要はありません。

英検ジュニアのオンライン版にはラーニングという大変便利な学習ツールがあるので、ドリルやゲームをやりながら毎日模擬テストを1~2回分こなすことで十分テスト対策になります。

英検ジュニアのテスト対策の意味でもラーニング+テストのフルパックを申し込むことをお勧めします!

 

英検ジュニアのブロンズを受験した感想は?

英検ジュニアのブロンズはすごく簡単なテストでしたが、時間が30分と子供には長いので最後のほうは集中力が無くなってしまいました。

にもかかわらず結果は45問中40問正解(正答率88%)で合格ラインの80%を超えました!

子供も達成感を感じたようですごく喜んでいました。値段も手ごろなので英検ジュニアのテストを受けさせてとても良かったです。

 

まとめ

子供のころから英語の勉強をしているけれども、どれぐらい上達しているのかわからないという家庭は多いと思います。

英検ジュニアは手軽に受けられるテストですし、通常の英検ほどしっかり対策をしないでも、オンライン版であればゲーム感覚で楽しめて、英語力(特にリスニング力)を確認することができます。

ブロンズで合格ラインに達したら、シルバー、ゴールドにステップアップし、そのまま英語を伸ばしていきたいと考えているのであれば英検に進むといいでしょう。

 

ありがとうございました!

-英語
-, , , , ,

© 2020 中学受験の情報博物館